電子ページ /MultiTraceユーザーガイド・メンバー用

7. 取引と在庫

7.4. 数量の引換

引き換えは純粋なUTZ製品の、オンライン・トレーサビリティ・システムの終わりを示すものです。半完成品、消費者向け最終製品、あるいはフードサービス向け製品(例、コーヒー抽出液、香料、色素、リカー、あるいはその他のコーヒー由来製品)の製造業者は次の場合に全てのRA/UTZ数量に対して在庫活動「引き換え」を報告しなければなりません:

·         製品が消費者向け最終製品としてRA/UTZクレーム(パッケージ上、またはそれ以外に)を記載して包装・販売されている、

·         製品が純製品以外の原料(例、チョコレート、オイル)と混合されている、あるいは抽出液や香料などに製造され、その後RA/UTZ製品として(パッケージ上、またはそれ以外で)言及されている、

·         該当企業がクレーム無し免除のもとで業務を行っている。クレジットを蓄積することは許されておらず、RA/UTZとして購入され、製造に利用された数量は引き換えなければなりません。

引き換えの報告により、プログラム費用の請求書が発行されます。

引き換え報告の実行方法については、第1章「はじめに:クイックスタート」の説明動画をご覧ください。

倉庫が製品の所有者によって委任されている場合は、その倉庫が所有者の在庫から数量を引き換えることができます。